ひかりTVドリームでプロジェクトをはじめる。

「ひかりTVドリーム」プロジェクトオーナー規約

このプロジェクトオーナー規約(以下、「本プロジェクトオーナー規約」といいます。)は、株式会社NTTぷらら(以下、「当社」といいます。)が運営するウェブサイト「ひかりTVドリーム」(以下、「本ウェブサイト」といいます。)を通じて、プロジェクトオーナーに対して提供されるサービスについて、その利用条件等を規定するものです。

プロジェクトオーナーによるプロジェクトの応募、サポーターの募集、プロジェクトの成立後のリターンの提供などのプロジェクトの実施に関連する事項については、本プロジェクトオーナー規約および「ひかりTVドリーム」会員規約(以下、「本会員規約」といいます。)が適用されます。なお、本プロジェクトオーナー規約の規定と本会員規約の規定との内容に齟齬がある場合には、本プロジェクトオーナー規約の規定が優先して適用されます。

第1条 定義

本会員規約において定義された用語は、本プロジェクトオーナー規約において別途定められた場合を除き、本プロジェクトオーナー規約においても同じ意味を有します。

(1)「顧客管理ツール」_提携先企業が提供するツールであり、プロジェクトの掲載、運用及び成立後リターンの提供等を行うための情報が確認できるツールをいいます。

第2条 プロジェクトの申請および承認

(1) プロジェクトオーナーになろうとする者は、本プロジェクトオーナー規約および本会員規約に同意のうえ、本ウェブサイトに記載された手続きに従い、プロジェクトごとに当社にプロジェクトの承認を申請するものとします。なお、プロジェクトオーナーになろうとする者は、本サービスの会員登録を行わなければならないものとします。

(2) 前項に従って申請するプロジェクトの内容は、以下のいずれにも該当してはならないものとします。

ア 法令等または公序良俗に違反するもの
イ 犯罪行為を助長し、または引き起こす可能性のあるもの
ウ 当社または第三者の所有権、著作権、商標権、肖像権、パブリシティー権その他一切の権利を侵害するもの
エ 他人を誹謗中傷するもの
オ 人種・民族・宗教・性別・社会的身分などに基づく差別につながるもの
カ アダルト・わいせつ・児童ポルノ、異性との出会い・交際・性交渉・売買春の勧誘などに関連するもの
キ 特定の政治団体、宗教団体等に与したもの
ク 法令上必要な許認可・登録・届出などが取得されていないもの
ケ 換金性の高い商品券・印紙・切手・回数券・プリペイドカードその他の有価証券等の商品をリターンとするもの

(3) 当社は、その自由な判断により(プロジェクトの内容が前項に違反するか否かを含みますが、これに限られません。)、申請されたプロジェクトを承認するか否かを決定し、承認した場合、その旨を申請者に通知します。

第3条 プロジェクトの掲載

(1) プロジェクトが承認された場合、プロジェクトオーナーは、当社所定の手続きに従い、プロジェクトの募集ページの原稿を作成し、当社に送付します。また、当社は、プロジェクトオーナーの了承のもと、原稿を加筆・修正することがあります。

(2) 当社は、プロジェクトオーナーまたはプロジェクトオーナーが作成したプロジェクトの募集ページの原稿の内容が次の各号に掲げるいずれかの事由に該当すると判断した場合、プロジェクトオーナーが本プロジェクトオーナー規約もしくは本会員規約のいずれかの条項に違反した場合、またはプロジェクトオーナーについて本会員規約第17条第3項各号のいずれかの事由が発生した場合には、事前の通知・催告なくして、プロジェクトの掲載を拒否し、または掲載されたプロジェクトをいつでも削除し、サポーターが支払った支援金額のプロジェクトオーナーへの受渡しを拒否することができるものとします。これによりプロジェクトオーナーに損害が生じても、当社および提携先企業は一切責任を負いません。

ア 前条第2項に違反する場合
イ 事実に反する内容または虚偽の内容を含む場合
ウ プロジェクトの内容につき、サポーターに誤解を与え、または誤認されるおそれがある場合
エ プロジェクトの実施主体または責任の所在が不明確な場合
オ プロジェクトと無関係の内容を含む場合
カ 他人を誹謗中傷する表現、人種・民族・宗教・性別・社会的身分に基づく差別的な表現、わいせつな表現など、他人に不快感を与える内容の表現を含む場合
キ プロジェクトオーナーと一定期間連絡がとれない場合
ク その他本ウェブサイトを通じサポーターを募集することが不適切であると判断される場合

(3) 当社は、本ウェブサイトに掲載された文字、文章、イラストレーション、デザイン、標章、写真、映像、音声などを、当社または本サービスの広告・宣伝などの目的のために、自由に利用することができるものとします。プロジェクトオーナーは、当社に対して著作者人格権を行使しないことに同意します。

第4条 サポーターの募集

(1) プロジェクトの募集期間は、3か月以内とします。

(2) プロジェクトオーナーは、プロジェクトの募集期間中、その責任と負担において、SNS等を通じプロジェクトの周知をはかるなどのサポーターの募集活動を行い、プロジェクトの成立に努めるものとします。

(3) プロジェクトオーナーは、サポーターの募集活動などにおいて、当社の著作物を使用する場合は、事前に当社の承認を得るものとする。

(4) プロジェクトオーナーは、プロジェクトの掲載後は、本ウェブサイトに掲載されたプロジェクトの内容を変更することはできません(ただし、明らかな誤記の訂正、形式面の変更等、サポーターにとって条件が不利とならない場合を除きます。)。

第5条 売買契約等の履行

(1) プロジェクトオーナーは、プロジェクトの成立後、サポーターとの間で成立した売買契約等に従い、その責任と負担において、プロジェクトの募集ページに記載された期限までにサポーターに対してリターンを提供し、売買契約等を履行します。

(2) プロジェクトオーナーは、当社からの要請を受けた場合、売買契約等の履行の状況について、当社に速やかに報告するものとします。また、プロジェクトオーナーは、売買契約等の履行に関する一切の取引について、その取引記録を作成し、これに基づき収支計算書を作成し、これらの会計帳票とその裏付けとなる証憑を保管し、当社からの要請を受けた場合、その開示・閲覧に応じるものとします。

(3) プロジェクトオーナーは、本ウェブサイトに掲載されたリターンとは異なる規格または仕様の商品をサポーターに引き渡すなど、売買契約等に違反してはなりません。

(4) プロジェクトオーナーは、売買契約等に違反した場合、その責任と負担において、サポーターに対する支援金額の返還、損害の賠償等を行うものとします。また、サポーターとの間で売買契約等に関する紛争が発生した場合には、自らの責任と負担においてこれを処理するものとします。

(5) 売買契約等の履行に関して、当社は一切の責任を負わないものとする。

第6条 利用料金

(1) 本サービスの利用料金は、プロジェクトに対してサポーターが支払った支援金額の合計額に20%を乗じた金額とします。当社は、プロジェクトの募集期間の終了後、45営業日程度以内に、支援金額から本サービスの利用料金を控除した残額を、プロジェクトオーナーが指定する銀行口座に振り込みます。なお、振込手数料は、プロジェクトオーナーの負担とします。

(2) プロジェクトが成立しなかった場合には、前項の支援金額及び利用料金は発生しません。

(3) 本条第1項の業務等については提携先企業に委託します。

第7条 プロジェクトオーナーの禁止行為

(1) プロジェクトオーナーは、サポーターに対して、本ウェブサイトに掲載された金額以外に、いかなる費用または手数料(消費税、取引手数料等を含みます。)も請求することはできません。

(2) プロジェクトオーナーは、本ウェブサイトに掲載されたプロジェクトの募集ページにおいてあらかじめ明記している場合を除いて、第三者にプロジェクトの実施を委託し、または代行させることはできません。

(3) プロジェクトオーナーは、プロジェクトの成立後は、プロジェクトの取消しまたは撤回はできません。ただし、プロジェクト実行者の病気や怪我、天災、戦争その他の不慮の事故等により、やむを得ないと当社が判断した場合を除きます。

(4) プロジェクトオーナーは、サポーターの募集及び売買契約等の履行に際して、景品表示法、特定商取引に関する法律、消費者契約法その他の法令等に違反してはなりません。また、プロジェクトオーナーは、公的機関から命令、指導等がなされた場合には、それを遵守するものとします。

第8条 サポーターの個人情報の取扱い

(1) プロジェクトオーナーは、自らの責任と負担において、サポーターの個人情報を個人情報保護法、関係法令、および主務大臣等が策定する指針・ガイドライン等に従って適切かつ厳重に管理するものとします。プロジェクトオーナーは、当社から要請を受けた場合、サポーターの個人情報の管理状況について、当社に直ちに報告するものとします。

(2) プロジェクトオーナーは、サポーターの個人情報を、サポーターからの問い合わせ対応、リターンの提供などの売買契約等の履行またはプロジェクトに関する報告、支援の勧誘、支援者の属性分析、アフタケアー等本サービス提供に必要な範囲以外の目的で利用、複製することはできません。

(3) プロジェクトオーナーは、売買契約等の履行またはプロジェクトに関する報告に必要な配送業務・配信業務を第三者に委託する場合を除き、サポーターの個人情報を第三者に対して開示または漏洩してはならないものとします。

(4) プロジェクトオーナーは、サポーターの個人情報を厳重に管理するためセキュリティ対策ソフトがインストールされ、最新セキュリティパッチが適用されている端末でのみ管理することとします。漏洩、滅失、毀損などの事故が発生し、または発生するおそれが生じた場合は、直ちに当社に報告し、当社の指示に従い、適切な措置を講じるものとします。

(5) プロジェクトオーナーは、サポーターの個人情報の漏洩、滅失、毀損などの事故が発生し、当社、提携先企業またはサポーターに損害が生じた場合、当該損害を賠償する責任を負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとする。

(6) プロジェクトオーナーは、売買契約等の履行が完了したとき等、サポーターの個人情報が不要となった場合は当社所定の手続きに従い、サポーターの個人情報を破棄するものとします。

(7) プロジェクトオーナーは、顧客管理ツール利用のために甲から払い出された顧客管理ツールアカウントを適切に管理するものとする。

(8) プロジェクトオーナーが、甲から払い出された顧客管理ツールアカウントを第三者へ漏洩、滅失、毀損した場合は、当社は一切の責任を負わないものとする。

第9条 秘密保持

プロジェクトオーナーは、本サービスに関連して当社がプロジェクトオーナーに対して開示した非公知の情報の秘密を厳格に保持し、当社の事前の書面による承諾がある場合を除き、第三者に開示または漏洩してはならないものとします。

第10条 損害賠償

プロジェクトオーナーは、本プロジェクトオーナー規約および本会員規約のいずれかの条項に違反し、当社またはサポーターに損害が生じた場合、当該損害を賠償する責任を負うものとします。

第11条 免責事項

本ウェブサイトにプロジェクトが掲載されたとしても、当社および提携先企業はプロジェクトの成立を何ら保証するものではなく、プロジェクトが成立しなかったことに起因する損失または損害について、一切責任を負いません。

第12条 本プロジェクトオーナー規約の変更

(1) 当社は、プロジェクトオーナーの承諾なく、本プロジェクトオーナー規約を変更することができます。

(2) 当社は、本プロジェクトオーナー規約を変更した場合には、その旨を本ウェブサイトに掲載する方法などにより、プロジェクトオーナーに当該変更の内容を通知します。当該通知後、プロジェクトオーナーが本サービスの利用を継続した場合には、プロジェクトオーナーは当該変更に同意したものとみなします。

第13条 分離可能性

本プロジェクトオーナー規約の条項の一部が、法令等により無効または違法と判断された場合であっても、本プロジェクトオーナー規約の残りの条項は、影響を受けずに有効に存続するものとします。

第14条 準拠法および管轄裁判所

本プロジェクトオーナー規約の準拠法は、日本法とします。当社とプロジェクトオーナーとの間で本プロジェクトオーナー規約に関連する紛争が発生した場合には、両者で誠意をもって協議し、これを解決するものとしますが、万が一、訴訟の必要が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

PAGE TOP

PAGE TOP