家の中に家を作ろう!丈夫で軽い紙菅の骨組みと、段ボールの壁を組み合わせて作る、家の中の家「カカポ」の応援プロジェクト 割引きや送料サービス等、カカポをおトクに手に入れるご提案!

カカポ(cacapo)
プロジェクトオーナー

株式会社モービー・ディック

0%

  • 現在
  • ¥0
  • 目標金額
  • ¥500,000
  • 購入口数
  • 0口
  • 残り日数
  • 11日
このプロジェクトは、目標金額達成の有無に関わらずリターンをお申込みいただくとプロジェクト成立となります。



家の中に家を作ろう!
丈夫で軽い紙菅の骨組みと、段ボールの壁を組み合わせて作る、家の中の家《カカポ CACAPO》の応援プロジェクト/data/project/378/hagaki.jpg                                   特許出願中/data/project/378/180409cacapotitle01.jpg《カカポ CACAPO》は、軽くて丈夫な紙の筒・紙菅とオリジナルのジョイントで骨組みを作り、
段ボール製の板の壁をはめ込んで簡単に出来る、“家の中の家”です。

この家は、こども部屋になり、書斎になり、アトリエにもなります。
お子さんの成長や生活の変化に合わせて、形や大きさを変えていくこともできます。
壁に窓を開けたり、絵を描いたり、色を塗ったり、お気に入りの椅子やラグを入れたり…
自分好みにカスタマイズすることで、世界にひとつだけの特別な家になっていきます。
 

/data/project/378/写真01.jpg

 

 

/data/project/378/180409cacapotitle02.jpgそれではType1を組み立ててみましょう。


次に、Type2に拡張、そしてType3に拡張します。



紙管とは紙で出来た断面が四角い筒で、固くて軽く、建物に使われる事があるほど丈夫です。
紙菅と紙菅をオリジナルのジョイントでつないで骨組みを作ります。
この骨組みはとても頑丈なので、形を変えたりして長く使っていくことができます。

その骨組みの間に、壁や天井として、段ボールの板をはめ込んだらもう完成です。
工具も使わず、お子さんも大人の方と一緒に組み立てることができます。

段ボールの壁や天井には、ドアや窓を好きな形に開けることができます。
(基本セットのものは、ドアと窓が規定の形で開いているものとなります。)
また、色を塗ったり絵を描いたり壁紙を貼ったりして、自分の好きな家にしていくことができます。
/data/project/378/写真04+5電気付v2.jpg

 

/data/project/378/180409cacapotitle03.jpgカカポには3種類の大きさがあります。

◆type1(基本セット)

幅78cm×奥行90cm×高さ135cm(床面積は約0.5畳)
 子どもが1~2人入る程度の大きさ。
 
◆type2(基本セット+拡張セットA)

 1130×900×1350(約半畳)
 子どもが2~3人入る程度の大きさ。
 机と椅子を入れて、勉強部屋としても使用できます。

 

机と椅子を入れて、 勉強部屋としても使用出来ます。
※画像は白く塗っておりますが、実際は段ボール色になっています。


 ◆type3(基本セット+拡張セットB)

 1130×1250×1350(約1畳)
 子どもが4~6人入る程度の大きさ。
 机と椅子を入れて使用する事もできる
 友人を呼んでお茶を飲む事もできる。

/data/project/378/写真08.png

 

/data/project/378/180409cacapotitle04.jpg東京都杉並区で行われた「西荻ラバーズフェス」にてワークショップを開催。
こどもたちは窓を開けたり、色を塗ったり、壁紙を貼ったり、絵を描いたりして、自分だけの特別な家を作って楽しみました。

/data/project/378/写真9-12v2.jpg

熊本県八代市で4月14日に行われた「めざましLIVE COUNTORY TOUR 2018 in YATSUSHIRO」に参加しました。
今回はtype3をさらに拡張したものを制作しました。
子どもから大人まで多くの方に体験したいただきました。




 

PAGE TOP

PAGE TOP